経営資源とは 定義 情報 人物金について考察

アクセスカウンタ

zoom RSS 第5回  経営資源とは 定義 情報 人物金について考察  金を突っ込めば、、、

<<   作成日時 : 2009/04/18 22:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

経営資源とは 定義 情報 人物金について考察  金を突っ込めば、、、
仕組みとか
生産とか
あらゆる面で高度なものを有したりできます
よって

すべてに対応 とか で金を突っ込んだり
専門のすごさを特化するために 金を突っ込んだり
して
質勝負だと 金のあるものに負けます
そのことを理解して
金をかけることで よりよくすることだけでは勝てない
そのことを留意しながら
こちらのことを考えて 事業アイデアは考えてみてください


自分の事業の全体イメージを頭でつかんでいることかと思います。

素人がこんな感じでイメージするのかなと考えて記載しました。

下記の事を考えると 自分の事業の位置づけ考えたり周辺考えたりするのに
役立ちそうです。位置づけと周辺を考える事で新しいアイデアやトラブル回避の方法思いつきそうです。

経営では必ず生産から販売の全体を知ってから、次に横の同業の事を考える事が大切です。
漢字で書くと十の縦を書いてから横を書いてください。 正しい順序で書かないと結果が出ないです。
縦のラインは何回も書いてしっかり書いて消しゴムで消え内容にするイメージで事業を作る事が大切です。
完璧よりも基本事項をどんな時でも忘れず実践する力が大切です。
垂直統合と水平統合の実施の為に注意する事(同業業界での拡大の上での注意)
基本的には最初は垂直統合を実施それから水平統合の実施(やらなくて良いかもしれない)
但し一般的に使われているサービスのみを使用して後は自分達で出来る場合は水平統合から始めて
可能です。(生産 販売は大手アフィリエイトだけする等です。)
垂直統合をプロトタイプで実施して行く事で業務全体が見れます。
(やらないと支障でそうな範囲は自分の事業範囲にするのは危険です。
自社でコントロールできる形が望ましいです。)
それから全体像を見て自分の組織を良く見て垂直統合を実施する事
全体の業務知らないと特にオーダーメイドの仕事では不備が出ます。
但し水平統合の推し進めによって市場占有が可能になりやすいです。
新しい組織の形態を高度なスキルの組み合わせによって実施する時は水平統合を実施が向いています。
業種間の行き来のサービスを作る若しくはその業種で新規産業やニュービジネスを作るうえでは
垂直統合が向いています。(めんどくさければ水平統合は考えなくて可 競争相手より優位にすればOKです。)
言葉の意味
垂直統合 生産から販売まで一括して管理する手法です。
水平統合 販売というある一部のシェアを多くとる為に色々広げていく方法です。










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

第5回  経営資源とは 定義 情報 人物金について考察  金を突っ込めば、、、 経営資源とは 定義 情報 人物金について考察/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる